歯列矯正がよくわかる本―歯並び大作戦
    福原達郎
               
出版社:主婦の友社

歯の治療といえば、これまでは虫歯と入れ歯の治療が主だったが、ここ10年ほどで歯の「生物学的基盤」に立った研究が進み、美容的・審美的な面だけでなく、歯の持つ機能的な重要性がクローズアップされている。歯並びをよくし、噛む力を強くすれば、脳や体によい影響を与え、記憶力のアップ(ボケ防止)、歯周病の予防、肩こりの解消にもつながる。もちろんメンタルな面でのプラスもはかりしれない。本書の著者は元日本矯正歯科学会の会長であり、この分野の第一人者。正しい歯列矯正の意味と実際を、図版やイラストを使ってわかりやすく解説している。主な内容は、「歯並びを治せばキレイで賢くなる」「歯は命、歯がなければ死ぬ」「増えてきた不正咬合」「噛めない不正咬合は病気」「歯が動く秘密」「矯正装置」「歯の根が消える」「抜歯矯正vs非抜歯矯正」「歯並び大作戦」「矯正治療のあとは保定装置とホワイトニング」「医療費の仕組み」「専門医の選び方」ほか。

発売日 2006/02/03
¥1,680 (税込)
出版社:主婦の友社
ISBN:4-07-249389-9




Yahoo! Booksで本を検索する

amazonで本を検索する







出版社:勁草書房
ISBN:4-326-75042-1
¥2,100 (税込)





211592