治療開始まで
1.まず『予約』をお願いします
 普通のムシ歯の治療とは違って、歯の矯正には、毎回少なくとも三十分はかかります。通院中の患者さんも、予約して来院されているいわば大事なお客さんです。したがって、新患の方も、予約制になっています。初めての方にも出来るだけ時間を割いて、ゆっくりお話もしたいのです。
 ほかの先生からの紹介状をお持ちの方は、必ずご持参下さい。
ご予約は03-3727-6141までお電話下さい。
2.『初診』  初診料は、どなたも\5,000円です。 いきなり検査はしません
 初診の患者さんは、とりあえずお口の中やお顔や顎の状態を拝見します。
不正咬合の状況の概要を把握してから、治療についての相談を始めます。患者さんの悩みなども聞かせて頂きながら、検査の必要性や治療のおおよそについて、この時点では検査結果がありませんので、断定的なお話はできかねます。
3.『検査』
検査には一時間近くかかり、準備の都合もあり、別の日に予約を取って頂きます。ただ、遠方の方、一刻も早く治療に入りたいという方には、ご希望によって出来るかぎりの検査をします。

「検査の内容」
1.お顔やお口の写真 重要な診断資料と記録になります。
2.歯型をとります。  
3.レントゲン撮影 お口全体のパノラマ・レントゲン。頭・顎などのセファログラム。特定の小さい歯のレントゲンなど。
4.身長測定 顎や歯列の成長変化は、身長(つまり全身の変化)と強い関係があります。乳歯が永久歯に変わるのも、身長である程度判断できます。
5.そのほか特別な場合には、大学病院などに検査を依頼することもあります。

  費用は上記の5.を除き合計、25,000円です。
4.『診断』
必要なコンピューター分析などの検査結果をまとめ、1〜2週間後に「診断」と「治療方針」「治療費」のお話をいたします。
 いうまでもなく、この診断と治療方針が確立していなければ、矯正治療そのものが成り立ちません。つまり、矯正治療の全過程を通じて最も重要なことです。
 この3点については、『報告書』という形で文書としてお送りします。この報告書にはハガキが一枚はいっており、報告書に関するご意見を聞くことになっており、また契約書として保存されます。
費用は25,000円です。

治療のスタート
報告書に対する患者さんのハガキの回答を待って、治療開始の日が決まります。
もっとも、ムシ歯があったり歯周病(軽度のものから歯槽膿漏を含む)の場合、あるいは小臼歯などの抜歯などが必要な例では、それらの処置が先行する場合も少なくありません。こうした治療は、原則的に当院にご紹介下さった先生にお願いします。紹介医院のない場合には、ご近所の先生をご紹介することもあります。もっとも、簡単な乳歯の抜歯などは、私ないしは助手が処置することもあります。
 
213099